メルアドを聞くことができたらデートに誘える可能性がある!

男性がエロイプサイトを使う目的は何だと思いますか?別にメールでいろいろお喋りしたいわけではないんです。目的は直接のアドレスを聞き出して、深い関係になりデートするようになること。直接コンタクトしたいのは「ポイント課金制」のエロイプサイトを利用している場合、メールするだけでお金がかかるからです。

「有料」エロイプサイトでも女性は無料で使える場合が大部分。こういった心配をすることはないでしょう。しかし、男性は気にします。メッセージの交換が長期間になると、経済的な負担も大きくなります。だから、数回のやりとりをして、チャンスがあると判断したら、直アドの交換を提案します。

この方が女性も便利ですよね。いちいちサイトにアクセスする必要もないのです。けれども、それほど親密でない関係の男性に教えるのは躊躇します。(デートしてもいいかな)と思ったら教えてくれます。

直アドを教えてもらえるかどうかは、さらに女性がサクラではないかどうかを見極めることもできます。サクラはサイトに留まらせてポイントをどんどん使わせないと仕事になりません。だから、直アドを教えることはしません。

理由をいろいろつけてアドレスを教えてくれない場合は怪しいですね。十中八九、サクラとみて間違いないです。メッセージのやりとりをするのは中止するべきです。聞くタイミングですが、2回3回程度は早すぎます。まあ、10往復までが一つの目安となるでしょう。

エロイプサイトには、どういった危険が潜んでいるの?

インターネットで女性と知りあっても、相手が悪意を持っていることもあります。例えば、エロイプサイトのサクラです。騙される男性に限って「僕は簡単に詐欺にひっかかるタイプじゃない」とか「悪い奴は簡単に見抜けるよ」と根拠のない自信を持っているのです。

そんなタイプこそ、サクラが狙っているのです。騙しやすいからです。どんな風に騙されるのかの例をご紹介しましょう。サクラじゃない女の子に騙される話です。

待ちあわせをした場所には、ちゃんとエロイプサイトで写真交換をした女の子がきます。男性は「これは、めちゃくちゃラッキーだ!」と上の空になってしまいます。これが詐欺の手口の第一歩です。女性はデートをしましょうと腕を組んできたりします。

女性に不慣れな男性ならば、これで相手のペースにまきこまれます。ショッピングをしていると「これが欲しいな!」と男性におねだりしてきます。それも、店員さんの耳に入るような声です。(決して、コソコソ声ではありません)。男性はプライドがあるので、「ええかっこしい」になるのです。

ケチな男に見られたくない見栄もあります。数万円程度ならば購入するでしょう。そんな女の子はデート商法の詐欺を働いているのです。デートの都度、次第に商品の単価が上がってきます。ブランドバッグやアクセサリーになってきます。和服の着物なんてなると、数百万になります。「そんなお金はないよ」と言っても、ローンならば月々の支払いが 1万円程度。自分がキレイなことをウリにして、言葉巧みに説得してローンを組ませるのです。

デート商法の女の人は、あなたのことをATMとしか見ていません。これ以外にも詐欺はいっぱいあります。待ちあわせの場所に本人が来ないことです。代理の人物がやってきて、彼女に逢いたいならばサークルに入らないといけないよ……なんて言い出します。もちろん入会金が必要になります。

エロイプサイトなのに、別人からサークルの勧誘をされるのですからおかしな話。乱交セックスのパーティーにさそわれることもあります。ヤバイ系の薬を売られるようなこともありますね。