必要以上にクリックさせられる場合は注意!

インターネットを使っていると「クリック」することが多くなります。何らかの手続きをする場合、意思確認であったり、次のプロセスに移動するときにしなければなりません。例えば、未成年の男女を除外したい大人向けのコンテンツです。「あなたは18歳以上ですか?」という質問に「はい」や「いいえ」で答えさせるものがあります。ですが、未成年であっても「はい」をクリックすることはできますよね。

次に出てくる画面でも、質問にクリックして回答します。フォームを完成させて最後に「クリック」をして完了させます。普段から何気なくやっていることでしょう。

問題は、ネットの画面に掲載されているバナー広告です。これまでのサイトの履歴を利用して、興味があるようなバナーを見せる手法は、今や普通に行われています。ユーザーは気軽にクリックしてしまいます。その時点では中身がわかりません。これを利用して詐欺的な方法で悪巧みをする輩がいます。

画面に料金が発生した旨を表示させて、間違いであったら連絡をするように……そんな文面を表示します。インターネットに慣れている人ならば、契約のときに確認画面が表示されるのが普通だと知っています。これは詐欺だと分かります。しかし、慣れていない人がこの画面を見ると焦ってしまいます。

こういったワンクリック詐欺は後をたちません。エロイプサイトに誘導させるような詐欺が多いです。しかし、請求されても一切応じないことです。スルーして気にしないことが一番です。トラブルに遭遇しないように、安易にバナー広告をクリックしないようにしましょう。

ケータイ電話の番号を教えてしまったりすると、その情報を転売されて、さらにしつこくセールスされたりします。そんな場合は着信拒否で対応しましょう。あまりにもクリックの回数が多い場合は疑ってください。

婚活にオススメしたいエロイプサイト!

彼氏・彼女の関係になりたい人は、年頃になったら誰しもが考えますよね。でも、こういった関係は2種類あります。違いは結婚を想定しているかどうかです。遊びの交際か真剣交際かです。年齢にもよりますし、環境によっても違います。付き合っている期間が長いからと言ってゴールインするとは限りません。

近頃はインターネットで婚活する人も増えています。実生活で異性との接触がない人はインターネットで、きっかけを作ろうとするのです。ネットでは、いろいろなことができるようになっています。結婚相手さえも見つけることが可能なのです。結婚相談所を利用する方法もありますが、数十万円の負担はさすがに厳しいでしょう。

もう一つの要因は、インターネットの普及によってコミュニケーションスキルが低下してきていることです。直接対面しての会話が苦手なのです。仕事でも、メールのやりとりだけで解決することが多いです。告白するにしても、メールを使うことさえあるのです。デートの方法もわからないほど恋愛に関しては幼稚です。

結婚を目指すならば、慎重になるのは当然ですよね。価値観が違っていると離婚にもなりかねません。エロイプサイトならば、じっくりとやりとりをして人間性を見極めることが可能。コミュニケーションが苦手でも大丈夫なのです。結婚を視野に入れた恋人が欲しいならば、溜息をついているよりも恋愛系コンテンツを試してみるのは一つの方法です。

「完全無料」のエロイプサイトの場合は無料ですが、お金を出さないから真剣味がたりません。オススメしたいのは「定額制」のエロイプサイトです。そして、女性も料金が必要なところを選びましょう。お金を出してまでも交際相手候補を見つけたい意気込みがあるメンバーだけですから、マッチング率も高いし、価値観も似ている人物に出会う可能性が高くなります。

メルアドを聞くことができたらデートに誘える可能性がある!

男性がエロイプサイトを使う目的は何だと思いますか?別にメールでいろいろお喋りしたいわけではないんです。目的は直接のアドレスを聞き出して、深い関係になりデートするようになること。直接コンタクトしたいのは「ポイント課金制」のエロイプサイトを利用している場合、メールするだけでお金がかかるからです。

「有料」エロイプサイトでも女性は無料で使える場合が大部分。こういった心配をすることはないでしょう。しかし、男性は気にします。メッセージの交換が長期間になると、経済的な負担も大きくなります。だから、数回のやりとりをして、チャンスがあると判断したら、直アドの交換を提案します。

この方が女性も便利ですよね。いちいちサイトにアクセスする必要もないのです。けれども、それほど親密でない関係の男性に教えるのは躊躇します。(デートしてもいいかな)と思ったら教えてくれます。

直アドを教えてもらえるかどうかは、さらに女性がサクラではないかどうかを見極めることもできます。サクラはサイトに留まらせてポイントをどんどん使わせないと仕事になりません。だから、直アドを教えることはしません。

理由をいろいろつけてアドレスを教えてくれない場合は怪しいですね。十中八九、サクラとみて間違いないです。メッセージのやりとりをするのは中止するべきです。聞くタイミングですが、2回3回程度は早すぎます。まあ、10往復までが一つの目安となるでしょう。

サクラを見破るにはタイムスタンプとスピードに注目!

エロイプサイトを利用する場合に一番注意しておきたいことがあります。それはサクラの存在です。「定額制」のエロイプサイト・「ポイント課金制」のエロイプサイト・「完全無料」のエロイプサイトでも関係なく出没します。

タダで使えるから安心していてはいけません。悪徳業者や悪質会社が運営するエロイプサイトに誘導するタイプのサクラがでてくるからです。今回は【サクラの見分け方の秘訣】について迫ります。

■メールが送信されてくるタイムスタンプに注目!
相手の女性を選ぶ場合に、プロフィール欄を確認すると思いますが、専業主婦・OL・キャリアウーマン・女子大生・専門学校生・フリーター……。それぞれ、生活スタイルが違います。

メールに対して返事ができる時間はある程度決まってきます。
オフィスレディや学生の場合は昼間の時間は仕事中だったり、講義がありますから、頻繁にやりとりはできません。逆に専業主婦の場合は、日中の方が、ご主人やお子さまがいないので自由な時間があります。

こういった行動を考えると、実際のタイムスタンプと比べて違和感があるならばサクラの確率が高いです。真夜中に届いたりする場合も怪しいですね。
ウイークエンドならば夜更かしをすることもあるでしょう。
ですが、平日で学生だったり会社員だったりすると普通は寝ている時間です。

これも一般的な話でサービス業の人や看護師の場合は勤務も変則的です。ある程度、相手の職業を聞き出して、勤務の様子などを探りながらチェックをするといいでしょう。最初のやりとりが昼間であった場合「今日は仕事が休みなの?」なんてフレーズを入れてみて、相手の反応を見てみましょう。

■メールを送るスピードにも注目!

交際相手候補と考えている人物ならば、メッセージの内容もしっかりと、吟味したいはず。こういった言い回しをしたら嫌われたりしないだろうか?と校正しながら送ります。好感度をできるだけ上げたいのです。意味不明な文章になっていないかと、なにかと気配りをするのです。

ですが、サクラは多くの件数のメールを送ります。ひとつのメッセージに時間をかけていたら仕事にならないのです。返信が早すぎる場合はサクラの確率が高いです。常にパソコンの前に彼女たちはいるのです。

サクラが出没しないエロイプサイトなんてありません!

「完全無料」のエロイプサイトは悪徳業者や悪質会社が運営するエロイプサイトが多いけれども、有料の場合は安全だと高をくくっていませんか?お金で安心を買っている気分になっているのでしょうが、甘いですね。ゼロ円サイトはトラブルが多いのは間違いないですが、「定額制」や「ポイント課金制」でも少なくはありません。

むしろ直接の被害が多いのはポイント制です。比較サイトやランキングサイトやクチコミ情報サイトを参考にして、そのサイトが安心できるのかどうかを、しっかりと精査しましょう。優良と呼ばれているところであっても、悪質業者/悪徳業者に雇われたサクラは潜入してきます。

出会い系にはサクラは付きもの……そのように考えておくようにしましょう。もちろん、優良サイトの場合はワンクリック詐欺のようなストレートな犯罪行為はないでしょう。ですが、バナー広告にリンクを貼っていることもあります。アフィリエイトで儲けようとしているのが見え見えです。

これはビジネスモデルとして、定着しているのですが、不用意にバナー広告をクリックしないようにしましょう。出会い系に限ったわけでなく、インターネット全体に関して利用するときは注意しましょう。便利な世の中になっているのですが、全部自己責任ですからね。

エロイプサイトには、どういった危険が潜んでいるの?

インターネットで女性と知りあっても、相手が悪意を持っていることもあります。例えば、エロイプサイトのサクラです。騙される男性に限って「僕は簡単に詐欺にひっかかるタイプじゃない」とか「悪い奴は簡単に見抜けるよ」と根拠のない自信を持っているのです。

そんなタイプこそ、サクラが狙っているのです。騙しやすいからです。どんな風に騙されるのかの例をご紹介しましょう。サクラじゃない女の子に騙される話です。

待ちあわせをした場所には、ちゃんとエロイプサイトで写真交換をした女の子がきます。男性は「これは、めちゃくちゃラッキーだ!」と上の空になってしまいます。これが詐欺の手口の第一歩です。女性はデートをしましょうと腕を組んできたりします。

女性に不慣れな男性ならば、これで相手のペースにまきこまれます。ショッピングをしていると「これが欲しいな!」と男性におねだりしてきます。それも、店員さんの耳に入るような声です。(決して、コソコソ声ではありません)。男性はプライドがあるので、「ええかっこしい」になるのです。

ケチな男に見られたくない見栄もあります。数万円程度ならば購入するでしょう。そんな女の子はデート商法の詐欺を働いているのです。デートの都度、次第に商品の単価が上がってきます。ブランドバッグやアクセサリーになってきます。和服の着物なんてなると、数百万になります。「そんなお金はないよ」と言っても、ローンならば月々の支払いが 1万円程度。自分がキレイなことをウリにして、言葉巧みに説得してローンを組ませるのです。

デート商法の女の人は、あなたのことをATMとしか見ていません。これ以外にも詐欺はいっぱいあります。待ちあわせの場所に本人が来ないことです。代理の人物がやってきて、彼女に逢いたいならばサークルに入らないといけないよ……なんて言い出します。もちろん入会金が必要になります。

エロイプサイトなのに、別人からサークルの勧誘をされるのですからおかしな話。乱交セックスのパーティーにさそわれることもあります。ヤバイ系の薬を売られるようなこともありますね。